評判や口コミで選ぶ人気の高麗人参サプリ
*

高麗人参と田七人参の違い

高麗人参と田七人、ここが違う!

同じ「人参」という名がつく高麗人参と、田七人参。

中国の漢方薬として古くから重宝されている高麗人参と田七人参ですが、どちらもウコギ科の植物で漢方では根の部分が使われています。

どちらかと言えば日本では高麗人参の方が知名度が高いと思いますが、最近では田七人参がサプリメントで人気が出てきています。

その人気の理由は、高麗人参との違いになります。

どちらも優れた効果を期待できるのですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

サポニンの含有量

田七人参と高麗人参それぞれに有効成分のサポニンがふんだんに含まれています。

サポニンの効果は、血糖値を下げる・肝機能を高める効果・疲労回復効果などがあります。

このサポニンの含有量が高麗人参と比べると田七人参には、3倍から8倍ほど含まれています。

有効成分

田七人参には主な有効成分のサポニン以外にも、デンシチンと言う止血効果がある成分が含まれています。

この成分は高麗人参には含まれていないとされています。

他の有効成分は、フラボノイド・田七ケトン・有機ゲルマニウム・植物性ステロール・アルギニン・ミネラル(リン・鉄・カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガン)・ビタミン(B1・B2・B6・B12・E・K・葉酸)などがあります。

美容と健康に欠かすことができない成分が豊富に含まれているので、田七人参が注目されてきているのです。

副作用

田七人参と高麗人参には、基本的に大きな副作用はないとされています。

高麗人参には、血圧が高くなる働きが強くなる怖れがあるので高血圧の方は服用を禁止される場合があるようです。

田七人参では、ごくまれに口の渇き・神経過敏・眠気・吐き気・だるさなどがあります。

栽培地

中国、韓国、日本などで栽培が可能な高麗人参に対し田七人参は中国の限られた場所でしか栽培することができません。

高麗人参も田七人参も主な産地は中国となるのですが、田七人参は限られた環境での栽培となるのでレア度が高くなっています。

田七人参には高麗人参よりもサポニンの含有量が3~8倍ほど多くなっています。

しかし、サポニンの種類は田七人参は15種類になりますが高麗人参には約30種類ほど含まれています。

田七人参と高麗人参には、このような違いがあります。

どちらのサプリメントを利用するとよいのか迷ったり、困った時に参考にしてくださいね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


高麗人参と田七人参の違い関連ページ

つらい更年期の悩みに田七人参がいいって本当?
更年期障害にも田七人参は効果を発揮してくれる! 女性なら年齢を重ねることで誰もが経験する更年期。 女性特有の悩 […]
高麗人参より田七人参の方がサポニンの量が多いって本当?
高麗人参よりも約3倍のサポニンが含まれている田七人参 中国の限られた地域のみに生育している田七人参。古くから漢 […]
田七人参にはどんな効果があるの?
田七人参には豊富なサポニンが含まれている 田七人参には、どのような効果があるのでしょうか。 田七人参の主成分は […]
田七人参配合サプリ
美容や健康にたくさんの効果がある田七人参配合サプリ 田七人参は、人参の種類なの?それとも高麗人参と同じなの? […]